盗難や紛失に備える方法について
合鍵ができるまでの時間と費用
合鍵を作るだけでは解決しない
悪用されないための管理方法を身に付けよう

鍵紛失をしてしまったら鍵交換を行ないましょう。

合鍵を作るだけではいけない

家と鍵

鍵紛失をしても合鍵を作れば安心と思う人もいますが、それだけではトラブルを解決することはできません。合鍵を作る際にはいくつかやらなければならないことがあります。

鍵紛失時に行なう対処


鍵を失くしたら警察に報告したほうがいいですか?
鍵を失くしてしまったら最寄りの交番や駐在所に連絡しましょう。もしかしたら届いている可能性もあるため、まずは立ち寄ってみてください。届いていなかった場合は遺失届を提出してください。届出を提出することで鍵が見つかった時にスムーズに受け取ることができます。届出を出す際は、直接足を運ぶのが望ましいですが、電話でも受理してくれるので利用しましょう。
賃貸物件に住んでいるのですが、合鍵を作ることを連絡しないといけませんか?
賃貸物件に住んでいる場合は鍵を作ったり交換したりする時に、賃主に必ず伝えなければなりません。鍵交換には賃主の許諾が必要になるため、自己判断せずに報告してください。紛失したことを伝えずにそのままにしてしまうと、後々トラブルが起こってしまうので、すぐに相談することが大切です。

鍵紛失時に考えられる事態

鍵は毎日持ち歩くもので、頻繁に出し入れします。そのため、鍵紛失の危険が付きまとってしまうのです。紛失してもすぐに合鍵を作れば問題ないだろうと考える人は多いですが、鍵紛失によって起こる被害は甚大なものになる可能性もあります。 紛失によって引き起こされるトラブルで多いのが空き巣の侵入です。空き巣は鍵から住所を特定することができるため、鍵を失くして数ヶ月後に盗難があった事例もあります。これが会社の鍵となると被害はさらに大きくなってしまうでしょう。鍵を失くしてしまったら、複製ではなく交換するのが一番良いでしょう。

TOPボタン