盗難や紛失に備える方法について
合鍵ができるまでの時間と費用
合鍵を作るだけでは解決しない
悪用されないための管理方法を身に付けよう

合鍵を作る時は防犯対策も同時に行ないましょう。

合鍵を作る際に気をつけること

鍵紛失をして合鍵を作る際にいくつか注意すべきことがあります。安心して合鍵を作るためにも確認していきましょう。

悪用されないようにするには

マスターキーは保管しておく
マスターキーのうち1本を普段使いせずに保管しておくことをおすすめします。鍵は長いこと使い続けると摩擦や錆によって変形することがあります。変形して使えなくなると、合鍵を作る時に誤差が生じやすくなるため、引っ越しや鍵交換によって鍵を新しくした場合は、純正キーをしっかりと保管しておきましょう。そうすることで盗難や紛失のトラブルを防止することができます。
多く作るのは危険
家族分のスペアキーを作ろうと考える人もいますが、スペアキーを複数持ってしまうと管理をするのが困難になってしまいます。1本にすることで紛失などのリスクが下がり、保管もしやすくなります。管理をする時は人の目に触れやすい場所は避け、よほど信頼のおける人以外には預けないようにしましょう。

防犯が気になる人は

紛失した鍵が見つからず、合鍵を作ってもらった後は錠前ごと交換するのが良いでしょう。鍵交換をしただけではセキュリティ効果をアップさせることはできません。鍵を落としてしまって、もしその鍵が誰かの手に渡っていた場合、いつ住所が特定されるかわかりません。悪意のある人や空き巣に狙われてしまった場合、被害は拡大してしまいます。鍵だけではなく錠も交換することによって、侵入するのを防ぐことができます。防犯対策を徹底的に行ないたい場合や、シリンダーも気になる人は錠も一緒に交換することをおすすめします。

TOPボタン