盗難や紛失に備える方法について
合鍵ができるまでの時間と費用
合鍵を作るだけでは解決しない
悪用されないための管理方法を身に付けよう

鍵紛失しても合鍵の特徴を知ることで備えられます。

鍵の種類と合鍵作製にかかる時間

合鍵を作ることによって、鍵紛失した時でも対応することができます。ここでは鍵の種類と、鍵が完成するまでの費用や時間を紹介していきます。

鍵の種類と値段・作製時間

ディスク
マンションや一軒家だけではなく、オフィスにも使用されているディスクですが、手軽に作れるものとして幅広く取り入れられている傾向があります。スペアキーや折れてしまった鍵からでも作ることができます。作製時間は3分~5分で、費用は300円~600円程度です。
ディンプルタイプ
精度の高い鍵となっており、断面形状が独自の仕様になっているのが特徴です。メーカー取り寄せしかできないことから、2本所持しておくことが必須となるでしょう。しかし、取り寄せになるので届くまでに10日~2週間かかります。価格は3000円~4000円となっています。
ゴールピン
ゴールの中でも最も一般的なピンシリンダーキーで、スペアキーや折れた鍵から作製することができます。作製時間も3分~5分となっており、300円~1000円程度で作ることができます。安い料金で素早く作れるのが特徴です。
ユージン・ショーワNXキー
不正開錠に対策済みの防犯キーとして使用されています。ピッキングによる開錠を防げることから、精度の高い鍵を使用したい人に向けたものとなっています。普段使いではなく、防犯対策用として使用するのが良いでしょう。15分~30分で作ることができ、料金は2000円~5000円程かかります。

プロ直伝!合鍵作成を依頼する鍵屋選びのコツ

アフターフォローの有無が重要!(合鍵作成のプロ)

鍵は複雑な構造になっていることから、少し表面が擦り減ってしまうだけで正常に使うことができなくなることもあります。無理矢理使い続けてしまうと故障の原因にもなるため、早めに対処する必要があります。鍵屋によるアフターフォローがあることで鍵が故障してしまっても、すぐに対応できます。鍵は、長い期間使用するアイテムでもあるのでアフターフォローがしっかりしている鍵屋に依頼するのが良いでしょう。

TOPボタン